メディア掲載

2018年12月21日【第2回 ジャパン SDGsアワード受賞】

「第 2 回ジャパン SDGs アワード受賞」
外務省が主催する「第 2 回ジャパン SDGs アワード」にてSDGs パートナーシップ賞(特別賞)を 受賞しました。

地場で建設業を中心としたグループ【SUNSHOW GROUP (本社:岐阜県岐阜市、代表取締役:西岡徹人)】は、第 2 回「ジャパン SDGs アワード」において、特筆すべき功績のあったと認められる企業として、SDGs パートナーシップ賞
(特別賞)の表彰を受けました。

■概要
「ジャパン SDGs アワード」とは、2015 年に国連で採択された SDGs「持続可能な開発目標」達成に向けて、優れた取り組みを行う企業・団体を表彰する制度です。2017 年に第 1 回が開催され、総理大臣賞を北海道下川町が受賞し、内閣官房長官賞を金沢工業大学(他 2 件)、外務大臣賞を住友化学株式会社(他 1 件)、SDGs パートナーシップ賞を吉本興業株式会社、(他 5 件)が受賞しました。SDGs の達成に特別功績のあった企業・団体として、自治体や教育機関、大手企業が受賞を受けました。

そして 2018 年には第 2 回が開催され、総理大臣賞を株式会社日本フードサービスが受賞し、内閣官房長官賞を日本生活協同組合連合会(他 2 件)、外務大臣賞を株式会社 LIXIL(他 3 件)、SDGs パートナーシップ賞を SUNSHOW GROUP(他 7 件)が受賞しました。建設業の中小企業としては、全国で初めてSUNSHOW GROUP が受賞をしました。
表彰式は 2018 年 12 月 21 日に総理大臣官邸にて行われ、安倍内閣総理大臣をはじめ、菅官房長官、河野外務大臣などが出席をし、受賞者への表彰を行いました。

■SUNSHOW GROUP の SDGs 達成への取り組み
SUNSHOW GROUP とは、三承工業株式会社(本社:岐阜県岐阜市、代表取締役: 西岡徹人)と N.SUNSHOW 株式会社 (岐阜県羽島郡岐南町、同代表)が展開する 5 事業 6 ブランドを指します。
今回受賞を受けた【SUNSHOW GROUP】の取り組みとは、主に下記になります。

GOAL1:貧困をなくそう
「SUNSHOW 夢ハウス」による、低価格高品質な注文住宅の提供により、生活の質の向上から、貧困のスパイラルの脱却を支援する。

GOAL5:ジェンダー平等を実現しよう
女性だけの工務店「クレドホーム」の展開など、ジェンダーレスに活躍できる職場環境整備を進め、更に はその有用性や、実践ノウハウを全国に発信する。

GOAL8:働きがいも経済成長も
「チーム夢子」の活動により、ダイバーシティ化を実践し、一人一人が幸せな働き方のできるよう、環境 改善に取り組み、発信する。

GOAL10:人や国の不平等をなくそう
「SUNSHOW GLOBAL OFFICE」という、外国籍の方専門の窓口を開設し、在日外国籍の方への不平等を解 決する活動を行う。

GOAL11:住み続けられるまちづくりを
「SUNSHOW エクステリア」が提案する「キャンプできる庭」なでの提供により、行政に頼り切る防災ではなく、各世帯が防災意識を高めていく住宅・まちづくりを推進する。

GOAL17:パートナーシップで目標を達成しよう
下請け企業からの脱却を目指すパートナー企業とともに、SUNSHOW 夢ハウスの想いを全国展開する「ドリームホーム」や、民間企業、NPO 法人、政府、地方自治体とパートナーシップを組み、岐阜から全国へ情報を発信する。